2020年1月の「Windows 7」サポート終了(EOS)まであと約5カ月。大手企業や官公庁・自治体などでは移行が順調に進む一方、中小企業や地方では依然遅れが見られる。さらに、インテル製CPUの供給不足が顕在化し、これが市場の勢力図にも影響を与えている。Windows 7のEOSを取り巻くPC市場の動向を追った。(取材・文/大河原克行)