IT商材の市場ではここ数年、「製品販売からサービス提供へ」のかけ声が繰り返されていたが、グローバル大手のサーバーメーカー各社が従量課金制の提供モデルを打ち出し、いよいよハードウェア領域でもサービス化の動きが本格化しつつある。これは単なる支払い形態の変化ではない。誰がITインフラを運用し、ITベンダーはどこから収益を生むか、その構造がオンプレミスの世界でも変わりつつある。(取材・文/日高 彰)