かつて「コンテナ」と言えば、パブリッククラウドを利用してWebサービスを構築するといったユースケースが中心だったが、コンテナの適用範囲が広がるにつれ、オンプレミスやプライベートクラウドでもコンテナアプリケーションの実行環境が求められるようになり、昨年は大手ベンダー各社がエンタープライズ向けのコンテナ戦略を相次いで発表する年となった。ITインフラ領域で特に頻出キーワードとなっているコンテナを取り巻く動きを整理する。