Special Feature

5G時代のエッジコンピューティング新潮流

2020/02/13 09:00

週刊BCN 2020年02月10日vol.1812掲載


 IoTが進展し、工場や交通インフラなど、生活やビジネスの現場からデータが収集できるようになった。しかし、大量のデータがネットワークを行き交い、クラウドに保存されることにより、「データの遅延」「通信コストの増加」といった課題が浮上。その有効な解決策として「エッジコンピューティング」が近年注目されている。今春には、「多数同時接続」や「大容量通信」を特徴とする5G(第5世代移動通信システム)の提供が本格的に始まる予定。IoTの導入拡大でエッジコンピューティングの利用も進むことが予測されるが、モバイル通信の大容量化によってクラウドへの負担はさらに高まるとの懸念もある。富士通、KDDI、NECの最新の取り組みを中心に、エッジコンピューティングの動向や可能性をみていく。(取材・文/指田昌夫)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。