新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック発生によって、従来の働き方を見直す議論が進んでいる。中でも象徴的なのが、日本独自の紙と押印を前提にことが運ぶハンコ文化の改革だ。企業内だけでなく対外的な取引でも「商慣習」として継続され、押印のために出社せざるを得ないなど、リモートワークの阻害要因となってきた。この問題解決に向け、改めて契約の電子化に取り組む必要性が広く共有されるようになった。“脱ハンコ”を取り巻く動向、ITベンダーのビジネスを追う。
(取材・文/石田仁志 編集/日高彰・前田幸慧)