新型コロナウイルスの感染拡大によって、全国で小売店、飲食店や施設は営業自粛を余儀なくされた。第一波のピークが過ぎ、徐々に休業要請が解除される中、感染防止とともに新しいスタイルの営業が始まっている。一方、ECは突如取り引きが急拡大し、消費者の自粛生活を支えたが、今後はどうなるのか。“アフターコロナ”“ウィズコロナ”の時代に小売業が向かう先と、ITの関わり方を探った。
(取材・文/指田昌夫)