新型コロナウイルスの感染拡大に伴う在宅勤務の広がりで、企業の営業活動に変化が起きている。営業する側・受ける側の双方が会社にいないという状況もあるなかで、足を運び訪問する対面営業の代替として、ITツールを利用してリモートで商談するオンライン営業を取り入れる企業が増加。ただ、うまく成果をあげられず悩む声も。ベンダー・ユーザー企業のそれぞれの取り組みから、オンライン営業の成功法を探る。
(取材・文/本多和幸、日高 彰、前田幸慧)