医療分野のITビジネスが大きく変容している。対人距離を保つため、オンライン診療の需要が急増。ビデオ通話や決済のサービスから始まり、ITを活用した院内感染リスクの低減、健康情報の管理、情報セキュリティに至るまで、幅広いIT需要が見込まれている。一方、電子カルテの更改需要など既存の医療ITビジネスは、主要顧客である大規模病院がコロナ禍への対処に追われていることから、プロジェクトの一時中断、先送りが一部に見られる。ITベンダーはこうした市場環境の変化にいち早く適応し、ビジネスを伸ばす取り組みを加速させている。
(取材・文/安藤章司)