新型コロナウイルス対策のための緊急事態宣言を受け、オフィスのロックダウン(封鎖)を実施した企業は多い。緊急事態宣言が終息し、徐々に従業員の職場復帰は始まっているものの、パンデミック発生前と同じ働き方には戻せない。新型コロナウイルスへの感染拡大を予防しつつ、従業員が安全に、安心して働ける環境が必要だ。そのような環境をいち早く整備し、迅速な従業員の職場復帰を実現するだけでなく、これまで以上の生産性向上も求められる。企業がアフターコロナの状況に対応するために、ITはどのような貢献ができるのだろうか。
(取材・文/谷川耕一  編集/日高 彰)