中小企業や小規模事業者のデジタル化を支援する「中小企業デジタル化応援隊事業」が9月に始まった。スキルを生かしたい人が「IT専門家」として登録し、全国各地でIT活用を後押しする仕組みだ。人手不足やコロナ禍といった課題が山積する中、関係者はデジタル化の波を広げるきっかけになると期待している。
(取材・文/齋藤秀平)