――2021年の業績と市場動向の振り返りを。

 20年もそうだったが、当社の業績自体はコロナ禍のマイナス影響を受けていない。むしろ在宅勤務や電子契約などデジタル化が進み、仕事が忙しくなるという状況が継続している。
 
代表取締役社長
佐藤秀哉

 運輸業や旅行業、アパレルなど当社の顧客でも非常に打撃を受けている業種はあるが、工夫をしながら立ち上がろうとしつつある。その工夫には必ずITを使うため、21年は彼らのIT投資が徐々に回復してきた。

――コロナ禍がクラウドの普及を加速させたという論調についてはどう見るか。

 コロナ禍があってもなくても、クラウドは既に普及期に入っていた。AWSやAzureなどのIaaSレイヤーは、分母が大きくなっても同じ成長率で伸び続けている。コロナは関係なく、まさにクラウドの本格的な普及期が来たというのが実感だ。

――22年2月期の上期決算は増収減益となった。

 20年3月から5月の3カ月間で大型プロジェクトの最後の花火が上がり、非常に大きなビジネスになった。売り上げにしても利益にしてもこれを上回るのはなかなかハードルが高かったが、第2四半期(21年6~8月)は四半期単位で過去最高の売り上げを記録した。第3四半期、第4四半期はそれを上回る売り上げを計画しており、順調に成長していると認識している。ただ、20年度の大型プロジェクトは当社独自製品の販売・導入を含むもので利益率も非常に高かったので、それを上期だけで上回るのは難しかった。通期計画も増収減益だが、なんとか下期で利益を高めて増収増益で着地したいという思いはある。