――直近の市場動向について。

 2021年はコロナ禍対応のためのIT投資が膨らんだが、本質的な成長のための投資はまだ先になる印象だ。
 
代表取締役社長
大石 良

――21年1月に東証一部に市場変更した。

 上場を意図した時から姿勢は変わっておらず、エンタープライズIT市場で活動するクラウドインテグレーターのビジネスには会社としての信用や信頼度が重要。そこをさらに向上させることができた。お客様からの安心感や受注につながっているのはもちろんだが、何より各社が苦労している採用面でいい影響があった。最先端のことをやっている会社でありつつ経営基盤もアップグレードしたことで、エンジニアや営業パーソンから選ばれやすい会社になったと自負している。

――SIerの中にはリモートになって生産性が下がったり、社員教育がスムーズにいかなかったりと課題を指摘する声もある。

 そんな言い訳が通用するなら経営者としては楽だろう。接触に制限が必要な状況下で、当社はリモートの世界でやれることをやろうと振り切っている。全社員にリモートワーク手当を出して在宅勤務環境の設備投資をしてもらい、リモートならではのコミュニケーションの在り方を模索した。新人のEX(従業員体験)も向上しているし、バーチャルの中で一体感が生まれた実感がある。