Special Feature

【2023年 新春インタビュー】大塚商会 中小企業のデジタル化を前進させる

2023/01/09 09:00

週刊BCN 2023年01月09日vol.1952掲載


――2022年のビジネスはどのように推移したか。

 今までの売りたいものを売るという方向から、お客様に寄り添った提案をしていくとの宣言を1月に行った。労働分配率や待遇に加え、職場環境の部分の見直しも進めた。少しずつ変わり始めている状況で、苦しかった前年に比べると前進できた年だった。
 
大塚商会
代表取締役社長
大塚裕司

――ハードウェアの品不足の影響は。

 PCもサーバーもネットワーク系の製品も、年初の段階では品不足が激しかった。メーカーによってはまだばらつきがあり、予断を許さない状況ではあるものの、PCなど製品によっては落ち着いており、一頃に比べるとだいぶ安定するようになった。

――主力商材である複写機の状況はどうか。

 複写機の供給も不安定だった。当社では、支店の売り上げに占める複写機の割合は大きく、厳しい状況となっていたが、インターネット回線の見直しを提案したり、クラウドサービスなどを売ったりするかたちで山場を乗り越えることができた。得意とする商材以外にもニーズがあることがはっきりと見えており、お客様に寄り添うという考え方が徐々に浸透している。

――コンセプトとして掲げる「オフィスまるごと」で、主要な商材を11の大分類に再整理した。狙いは。

 今までの分類では、新しいニーズと古いニーズが同じ区分に入っている状況が見えてきたため、集計の仕方を変えることにした。ニーズをより把握しやすくすることが狙いで、エンドユーザーから見ると何も変わらない。営業の現場でエンドユーザーのニーズを意識するようになってきたのは、社員の気持ちがだいぶ変わってきていることの表れだとみている。
この記事の続き >>
  • AI活用は人への教育に注力

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

外部リンク

大塚商会=https://www.otsuka-shokai.co.jp/