KeyPerson

音声から映像までを集約、統合IP網サービスめざす

フュージョン・コミュニケーションズ 社長 角田忠久

取材・文/安藤章司 撮影/ミワタダシ

2002/01/28 18:03

週刊BCN 2002年01月28日vol.926掲載

 100万回線の大台を超え、今年度(2002年3月期)130万回線の加入を見込むフュージョン・コミュニケーションズ。今夏には、ADSL事業者からの音声データを取り込み、既存電話網につなぐサービスを始める。法人顧客の音声、映像、データをIP網で統合的に集約するVPN構築にも力を入れる。オンデマンド型映像配信の基盤となるCDN構築やビデオ電話への進出にも意欲を示す。今は中継網サービスが中心だが、光時代にはエンド・ツー・エンドのサービスも視野に入れる。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>