KeyPerson

4つの事業分野を核に成長路線へ転換

日本事務器 社長 大塚孝一

取材・文/三浦優子 撮影/ミワタダシ

2002/07/22 18:03

週刊BCN 2002年07月22日vol.950掲載

 6月26日付で日本事務器の社長に就任した大塚孝一氏。「私の役割は、成長路線を築いていくこと」と話す。成長のための重点事業として、従来から強い医療分野、官公庁向け事業に加え、独自アプリケーション、サポート・サービスという4分野を掲げる。今年12月末までを第一段階として、「この4事業を核に企業としての成長を目指す」意向だ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

外部リンク

http://www.njc.co.jp/