ソフトブレーンは、アウトソーシング事業を本格的に立ち上げる。ホワイトカラーの生産性向上を実現するコンサルティングやソフトウェア開発で成長を遂げてきた同社は、これまで蓄積してきたノウハウを自ら実践することで、生産性の高いアウトソーシングの実現を目指す。「第2フェーズに突入した」とする宋文洲会長は、3年後の2007年度(07年12月期)に100億円の連結売上高、経常利益率30%以上を目標に掲げる。