NTTデータの子会社であるNTTデータシステムズの主力製品、中堅企業向けERP(統合基幹業務システム)「SCAW(スコー)」は、競合他社が足踏みするなかで、シェアを拡大している。大手企業に広く浸透する外資系ERPとの相性がよく、低価格であるため、内部統制強化の動きに呼応して「グループ会計No.1を目指す」(小島武雄社長)と、“上げ潮”に乗り業績拡大を狙っている。「SCAW」事業以外にもネットワークや受託開発の両事業で“秘策”が数多くあり、成長著しいベンダーの1つとして注目される。