世界トップにふさわしいSIerになる──。NTTデータの山下徹社長はこう宣言し、2008年を“変革の年”だと位置づける。欧米・アジアの主要市場の開拓を急ピッチで進め、本格的なグローバル展開を目指す。海外展開では過去に幾度も苦い経験も味わってきたが、国内情報サービス産業のトップ企業として自ら率先して乗り出す。先陣を切って国際競争力を高めることで日本のIT産業の活性化につなげる考えだ。