ウルシステムズは、顧客の情報戦略トップへのITコンサルティングや、独自のソフトウェアプロダクト開発で差別化を図る。受託型のシステム開発ビジネスが多くを占める国内IT産業だが、発注者側に立ってIT戦略を立案する手法を実践することで、知識集約型の付加価値の高いサービスを生み出す。ITコンサルで元請けのポジションを確保。ソフトプロダクトでは流通業界向け次世代EDI(電子データ交換)の流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)やオープンソースソフトなどに取り組むことで事業拡大を目指す。 安藤章司●取材/文  大星直輝●写真