日本ヒューレット・パッカード(日本HP)のトップに就いて1年。この間、社内構造改革を着々と進めていた。米本社が米EDSを買収し変化はさらに加速。「統合作業、相乗効果の追求も進めてきた」。準備は終わり、「2009年は結果を出す年」。日本IBMから通信業界に移り、再び総合ITベンダーに。「イノベーションを起こす」と声を強める辣腕経営者は、今のポジションを10年間務める決意を固めている。 木村剛士●取材/文  大星直輝●写真