国内帳票ソフトウェア市場では、独立系ソフトベンダーとして業界トップのウイングアークテクノロジーズ。内野弘幸社長は「われわれが果たす役割はまだある」と、創業来の源流である帳票ソフトに限らず、情報システム全体の開発効率化やデータ活用に向けた製品開発を推進。行き着く先として「世界に冠たるベンダー」になることを視野に入れている。 谷畑良胤(本紙編集長)●取材/文  大星直輝●写真