H3Cテクノロジーは、中国を主力市場にし、ワールドワイドで大手メーカーに位置づけられている。だが、日本市場ではブランド力の低さから“第二集団”とみられることが多い。劣勢を挽回するために、日本法人のH3Cテクノロジージャパンでは新製品の発売を機に、トップ圏内に食い込む決意を固めた。その具体策として、販売代理店との協業関係を深めて全国網で拡販する体制を構築。今年4月に社長に就任した久保田則夫氏に戦略を聞いた。

佐相彰彦●取材/文
大星直輝●写真