オンラインストレージアプリとしては後発ながら、全世界で3億人のユーザーを獲得し、法人向け商材である「Dropbox for Business」の契約社数が10万社を超えた米ドロップボックス。成長を続ける新興ベンダーが、昨年10月に日本法人を設立した際に、トップに就任したのが前シマンテック社長の河村浩明氏だ。エンタープライズITの世界でキャリアを積んできた河村社長は、ドロップボックスの日本市場開拓をどう舵取りするのか。