日立製作所は、中期経営計画の最終年度を迎えた。情報・通信システム社としては、売上高2兆1000億円、グローバル売上比率35%などの目標を掲げてきた。ちょうど2年ほど前から、情報・通信システム社のトップとして舵取りしてきた齊藤裕社長は、この間の成果と課題をどう自己評価しているのだろうか。2015年度以降の日立製作所が、何を強みとしてIT市場の荒波を乗り越えていくのかも含め、齊藤社長の視線の先を追った。