法人向けIT機器を取り扱う販社から、近年目立った伸びを示していると紹介されることが多い商材がNAS(ネットワークアタッチトストレージ)だ。従来はSOHOや中小企業向けの製品を主力としていた台湾のNAS専業ベンダー各社が、エンタープライズ市場でも存在感を強めている。なかでも、コストパフォーマンスのよさと、NAS上に仮想マシンを作成して任意のOSを実行できる機能などで人気を集めているのがQNAP Systemsだ。同社の郭博達CEOは「クラウドの普及によってNASのニーズはますます高まる」と話す。