今年4月、富士通と富士通エフ・アイ・ピー(FIP)は、データセンター(DC)事業を統合・再編した。結果として、サービスデリバリ機能とサービス/ツールの開発機能は富士通FIPに集約されることになった。時を同じくしてトップに就任した米倉誠人社長は、この統合・再編の流れをリードしてきた人物だ。DCを基盤として事業を展開してきた同社のビジネスモデルをアップデートし、「富士通グループ全体の変革をけん引する」と意気込む。