情報サービス産業協会(JISA)の横塚裕志会長は、「ソフトウェア・デファインド・ビジネス」をキーワードに、ソフトウェア開発に携わるエンジニアの育成支援を重視する方針を示す。社会が成熟するに伴い、大規模なソフトウェア開発はぐっと少なくなり、「規模から価値への転換」が一段と進行する。エンジニアはユーザー企業のビジネスを成功に導くにはどうすべきかを考える力量が求められるとともに、情報サービスベンダーの経営者は、こうした技術とビジネスの両方を広い視野で捉えられるエンジニアの育成に投資することが、「今後、勝ち残るための重要な経営戦略になる」と説く。