今年創業40周年を迎える米CAテクノロジーズ。現代を「アプリケーション・エコノミー」の時代と定義し、ビジネスを勝ち抜くソフトウェアを開発・運用するためのソリューションを主力事業としている。一方、ITインフラやアプリケーション自体を販売しているわけではないため、何を提供してくれるベンダーなのかがみえにくかったのではないだろうか。この春、日本法人の新たなトップに就いた反町浩一郎社長に、「CAとは何の会社なのか」をたずねた。