シマンテックによる分社化の発表に伴って、情報管理に特化した会社として誕生したベリタステクノロジーズ。製品領域が狭くなったことで小回りがよくなり、製品開発やサービス創造などのサイクルが早まって成長基盤が整いつつある。オフィス内では社員によるコミュニケーションが活発となり、チャレンジ精神旺盛な環境が整ってきた。販売パートナーへの支援の強化も続けている。分社・独立後の初代トップとして就任した西村隆行社長は、「バックアップを含めて、情報管理はまだまだ浸透する余地がある」と断言する。同社の成長戦略と市場拡大に対する見解を聞いた。