KeyPerson

サブスクリプションはいずれ一般的になる

オートデスク 代表取締役 マイケル・キング

取材・文/畔上文昭 撮影/川嶋久人

2016/09/01 19:37

マイケル・キング

週刊BCN 2016年08月29日vol.1642掲載

 ソフトウェアの「買い取りモデル」をやめて、契約期間に応じた料金などを支払う「サブスクリプション」への移行を進めてきたオートデスク。2016年1月31日にスタンドアローン版、7月31日にスイート版の永久ライセンスの販売が終了し、サブスクリプションへの完全移行を果たした。これまでの永久ライセンス販売に慣れているパートナー企業の反応が気になるところだが、ユーザーのメリットを前面に出して説得している。その陣頭指揮を執るのが、4月に代表取締役に就任したマイケル・キング氏である。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

外部リンク

オートデスク=http://www.autodesk.co.jp/

おすすめ記事