宅急便でおなじみのヤマトグループに属するSIerのヤマトシステム開発は、物流とシステム開発を組み合わせた多様な事業を展開している。2014年4月に社長に就任した星野芳彦氏は、常に顧客を見据えながら新事業に注力し、今後はIoTやAIといった新技術を用いて、新たなビジネスを創り出そうとしている。