基幹系システムの分野にも本格的なクラウド化の波がきている。外資系大手ERPベンダーを中心に、クラウドネイティブなかたちにつくりなおした「次世代のERP」ともいうべき製品が続々登場している。「完全Web-ERP」を標榜し、日本企業のニーズを真に満たす国産の次世代ERPをつくろうという志のもとに生まれた「GRANDIT」は、こうした市場の環境変化を飛躍の糧とできるか。