日商エレクトロニクスは、ネットワークとコンピューティングを二つの軸として、新しい商材や技術の獲得に力を入れる。直近ではハイパーコンバージドインフラ製品がヒット商材となり、コンピューティング領域のビジネスが一段と活性化している。岡村昌一社長は、「顧客のビジネスの成功にできる限りコミットする“B4B”」のコンセプトを打ち出し、人材育成や外部との協業を推進。商社系SIerならではの“目利き”の力量を生かしながらビジネスを伸ばす方針だ。