2014年にソニーから独立して3年。VAIOは3期連続最終黒字、2期連続の営業黒字を達成した。構造改革の第1フェーズを終え、第2フェーズに向けて、新たな指導者として招き入れたのが、JVCケンウッド出身の吉田秀俊氏だ。第2フェーズの目標として、高収益の筋肉質な体質に育てていくため、新たにソリューション事業を開始するとともに、PC事業の中国再進出を掲げた。吉田社長が進めるVAIOの新たな戦略とは――。