中堅システムインテグレータ(SIer)の都築電気は、クラウドやIoT市場の拡大に呼応して、業態を変革させている。2017年4月に就任した江森勲社長は、次世代テクノロジーのビジネスを推進する部門横断の「シンギュラリティグループ」を新設するなど、自社ビジネスを拡大すべく改革を断行している。いまや「メーカー系列販社」の色は薄くなった。自前主義からも脱却し、他社と共創するなかで、新たな価値を顧客に提供しようとしている。