大型受注で国内での業績を伸ばすインフォシス。インド本社の幹部、グループ会社が総出で日本のユーザー企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の提案に力を入れた成果が出始めている。2018年3月期の国内での売り上げは、前年度比約35%増の見込み。大西俊介氏が日本代表に就任して、初めての通期決算は好調に推移した。だが、数字は出せたものの、DXの進捗度から言えば「ぎりぎり及第点いくかどうか」と厳しい自己採点をする。既存ビジネスの成長に加えて、国内SIerのM&A(合併と買収)も視野に入れつつ、国内SIビジネスの“トップグループ入り”を目標に据える。