KeyPerson

2年後には日本のナンバーワンクラウドベンダー

日本マイクロソフト 代表取締役社長

平野拓也

取材・文/本多和幸 撮影/大星直輝

2018/09/04 09:00

平野拓也

週刊BCN 2018年08月27日vol.1740掲載

 日本マイクロソフトのクラウドビジネスについてのメッセージがアグレッシブさを増している。約1年前に「2020年にパブリッククラウドでリーディングシェアを獲得する」という目標を掲げたが、今年8月には「2020年には日本のナンバーワンクラウドベンダーになる」と宣言。競合に勝つというニュアンスを前面に打ち出した印象だ。パブリッククラウド市場ではAWS(Amazon Web Services)が絶対王者として君臨してきたが、その背中をついに射程に捉えたということか。平野拓也社長が考える日本マイクロソフトの“現在地”と目標達成に向けた戦略を聞いた。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

おすすめ記事