バックアップやファイル共有など、基幹システム以外のデータを格納する「セカンダリストレージ」製品を専門に提供する米コヒシティ。評価額は10億ドルを超え、ストレージ製品の領域では唯一のユニコーン企業と言われる。バックアップ製品を主力とするベンダーが、なぜ世界の投資家の注目を集めているのか。天才的なストレージ技術者としても知られるモヒット・アロンCEO兼創設者に聞く。