国内外でユーザー数を大きく伸ばしているビデオコミュニケーションプラットフォーム「Zoom」を擁する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZVC)。働き方改革の機運の高まりはもとより、直近では新型コロナウイルスの感染拡大対策でリモートワークの需要が増大する中、コミュニケーションツールベンダーは軒並みユーザー数が急増し、同社の存在感は際立っている。ZVC JAPANのカントリーゼネラルマネージャーを務める佐賀文宣氏は、かつてシスコシステムズでZoomの競合製品である「Webex」のパートナービジネスを担当した経験を持つ。ビデオコミュニケーションツールの今昔を知る同氏が考えるZoomの強みとは――。