セルフサービスBIツールでビジネスを伸ばしてきた米クリック・テクノロジーズは近年、M&Aによるポートフォリオ拡大に注力し、「データアナリティクスプラットフォーム」の提供を果たした。昨年10月、日本法人クリックテック・ジャパンのカントリーマネージャーとして就任した今井浩氏は、現在の姿を「新生クリック」と表現。データ分析・活用の需要が高まる日本国内でビジネスをけん引していく。