2020年の年明け早々、SAPジャパンの社長が4月に交代するというニュースが飛び込んできた。生え抜きでトップに立った前社長の福田譲氏は富士通に移籍。後を引き継いだのは、15年に入社し、直近では常務執行役員を務めた鈴木洋史氏だ。新型コロナによる世界的な混乱とともに船出をすることになった鈴木体制でSAPジャパンは何を目指すのか。