KeyPerson

世の中の隅々までAIの価値を届ける

AI inside 代表取締役社長CEO

渡久地 択

取材・文/安藤章司 撮影/大星直輝

2021/11/19 09:00

渡久地 択

週刊BCN 2021年11月15日vol.1899掲載

 AIエンジン開発のAI insideは、主力のAI OCRを中心とした販売パートナーが100社を超えた。深層学習(ディープラーニング)によってOCRの読み取り精度が飛躍的に高まり、SaaS型で使い勝手がいいことから、紙文書を大量に扱う金融業などデジタル化ニーズが多い顧客を中心に契約数が伸びている。全国に販売網を展開する複合機ベンダーや通信キャリアとの連携を深め、地域の中小企業にAI OCRを届ける体制が整ってきたことも追い風になっている。「世の中の隅々までAIを届ける」ことを目標に、販売パートナーとの関係強化を推し進めていく。

パートナー施策でつまずきを経験

――AI OCRを中心に販売パートナーが100社を超えています。販路開拓が堅調に進んでいる背景を教えてください。

 紙文書をデジタル化するニーズは根強く、こうした需要が見込める顧客を多く抱えるSIerや複合機ベンダーに当社のAI OCRを売っていただいています。大手SIerの多くは紙文書を大量に扱う金融系の顧客を抱えていますし、複合機ベンダーには自社の複合機で紙文書を読み取ってデジタル化するエンジンとして活用しています。深層学習によって従来型OCRとは比較にならないほど精度よく読み取れるようになり、大きく伸びている市場です。

――AI OCRはユーザー企業の業務にしっかり落とし込まないと真価を発揮しない難しさもあります。(パートナーである)NTT西日本の顧客が契約更新をしないケースが相次いだ影響などで、2022年3月期は前年度比で2割ほど減収となる見通しです。

 これは当社のパートナー施策の至らなかったところで、NTT西日本とはこれまで以上に密に連携して、顧客満足度の向上に努めています。通信キャリアは全国に販路を持っていることから、NTT東西地域会社をはじめ、ソフトバンク、KDDIにも販売パートナーになっていただいています。NTT西日本のケースを除いた契約数全体を見ると右肩上がりで伸びており、解約率の低さも相まって金額ベースで今年度は3割ほど伸びる見込みです。

 当社は世の中の隅々にAIを届けることを目標にしていますので、販売パートナー支援は一段と強化していくとともに、導入したAIを業務で問題なく使ってもらい、満足度を高められるよう努めています。

――新しいパートナー施策はありますか。

 一例として、パートナーの製品名に「○○ Technology by AI inside(テクノロジー・バイ・AIインサイド)」と入れてもらう方式が挙げられます。○○の部分にパートナーの製品名が入ります。第一弾としてこの10月、富士フイルムビジネスイノベーション(富士フイルムBI)の紙文書をデジタル化する「ApeosPlus desola Technology by AI inside」を発表しました。

 デジタル化する前段階の作業となるデータ準備の部分は富士フイルムBIが担い、当社は主にAI OCRや仕分けの部分を担います。デジタル化したあとは確認工程を挟んで、サイボウズのkintoneやOBCの商奉行クラウドなどの業務システムに自動で入力される仕組みです。紙文書の受け入れからデジタル化、業務システムへの受け渡しまで一貫して自動化・効率化できるのが最大の特徴となります。

 パートナーが持つ製品にしっかり組み込んで、「○○ Technology by AI inside」と当社ブランドを入れてもらうことで、最終製品に対する当社の関与が深まり、ユーザー企業に向けて当社とパートナーが一体となって開発、販売していることが、より伝わりやすくなります。AI OCRだけポンとパートナーに渡す従来のOEM方式から一歩踏み出した販売スタイルだと言えます。
この記事の続き >>
  • AI OCRに続く主力商材の開発 学習支援や顔認証の商材を拡充
  • 今後の海外進出は?アジア近隣でトップシェア狙う

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

外部リンク

AI inside=https://inside.ai