KeyPerson

ハイブリッドクラウドの基盤をシンプルに提供する

ニュータニックス・ジャパン コーポレートバイスプレジデント兼代表執行役員社長

金古 毅

取材・文/日高彰 撮影/大星直輝

2022/12/12 09:00

金古 毅

週刊BCN 2022年12月12日vol.1949掲載

 専用のストレージ装置を用いる従来型のITインフラに対し、複数のサーバーに内蔵されるストレージクラスターを記憶装置として利用し、コストや複雑さを削減するハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)。そのパイオニアと言えるニュータニックスの日本法人社長に今年、日本マイクロソフトやレッドハットでパートナービジネスを統括してきた金古毅氏が就任した。クラウドシフトが進むITインフラの世界で、今後どのような成長のシナリオを描くのか、戦略を聞く。
(取材・文/日高 彰  写真/大星直輝)

クラウドへのシフトはむしろ追い風

――HCIは、仮想サーバー環境の刷新・統合や、VDI(仮想デスクトップ基盤)の構築のために用いられるケースが多い製品でしたが、現在はどのように使われているのでしょうか。

 今年の7月に、お客様がどのようなワークロードで当社の製品を使われているか、調査をしました。それを見ると、確かにインフラやVDIでの需要が高いのは事実なのですが、データベースやデータウェアハウスといったデータ管理の基盤や、ERPやサプライチェーン管理のような基幹システムでの活用が増えてきていることがわかりました。AIや機械学習も伸びています。当社のHCIのコアコンポーネントである「AOS」の性能は、この4年間で6倍に向上しました。それに伴って、ワークロードの幅も広がっている格好です。

――日本市場では、HCIのソフトウェア別市場シェアで1位を継続しています。グローバルの数字と比べても大きなシェアを獲得しているということですが、国内で高い評価を得ている理由は何でしょうか。

 調査会社のレポートによるとシェアはほぼ6割に達しており、国内市場では安定したポジションを確立していると言っていいと思います。非常にシンプルに扱える製品であり、安定しておりかつセキュアという評価をいただいています。また、使いやすく管理コストが安く済むことに加えて、ハイパーバイザーが無料でついてきますので、ライセンスの費用も削減できます。日本は新しいテクノロジーに対して保守的な傾向がありますが、いったん導入事例が作れれば、同業他社のお客様でも採用が進みやすい市場です。近年は自治体など公共系でも実績を積み重ねています。

 シンプルに扱えるという点では、当社は「コンシューマーグレード」という言葉を使っています。一般コンシューマー向けの製品を買ったとき、説明書を細かく読まない方も多いと思いますが、優れた製品はそれでも十分に使いこなすことができます。当社の製品も同じように、クリック操作でどんどん先に進めて簡単に管理できるというところに、非常にこだわりをもって設計しています。

――日本市場におけるサーバーの出荷台数は横ばいか減少の傾向にあります。ITインフラ製品のビジネスにとって逆風の環境ではないのでしょうか。

 当初HCIを生業にしていたニュータニックスは、ハイブリッドクラウド実現のため製品ポートフォリオを戦略的に変えてきています。例えば、「Amazon Web ervices(AWS)」や「Microsoft Azure(Azure)」の上にオンプレミスのニュータニックスと同じ環境を展開できる「Nutanix Cloud Clusters(NC2)」というサービスがあります。オンプレミスでニュータニックスをお使いいただいているお客様がクラウドへ移行したいとなった場合、既存のライセンスをNC2に移転することができます。

 パブリッククラウドへの移行やハイブリッドクラウド環境の構築を行う際、アプリケーションをリファクタリングしなければならない場合は時間もコストもかかってしまいますが、ニュータニックスの環境であれば現状のままクラウドへ上げられます。クラウド移行の基盤としてのニーズは今後より高まると考えています。
この記事の続き >>
  • データ管理でさらなる成長を目指す
  • 「選択肢」と「安心感」を提供する

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

外部リンク

ニュータニックス・ジャパン=https://www.nutanix.com/jp