博報堂とTBS、NTTドコモは、ハードディスク内蔵型テレビ(HDTV)や携帯電話で受信できる地上波デジタル放送の各種実験結果をまとめた。

 今回行われた実験は、(1)次世代HDTVエンコーダによる固定向け放送の画像品質検証、(2)携帯端末向けCMの広告効果についての検証、(3)新視聴サービスとターゲッティング広告提供手法の検討、(4)携帯電話型受信機での放送・通信融合サービスの検証――の4つ。

 博報堂が中心となって行った携帯端末向けのCM広告効果について、「テレビと携帯電話では、同じ素材を扱っていても効果的な広告表現では違いが見られる」とし、現在テレビで放送されているCMを携帯電話向けにアレンジすることで、効果の追求を行った。

 HDTVでの放送視聴時においては、個人プロファイルと番組に組み込まれたメタ情報や、CMに組み込まれたメタ情報を関連させることで、ターゲットに合わせたリアルタイムの広告の振り替えが可能となる仕組みの実験も行った。