ヤフー(Yahoo! JAPAN、井上雅博社長)は、郵政事業庁が提供する一般小包郵便「ゆうパック」を利用した物流サービス「Yahoo!ゆうパック」(http://takuhai.yahoo.co.jp/ypack)を開始した。

 同サービスは、ファミリーマート(田邉充夫社長)のマルチメディア端末「Famiポート」で24時間いつでも発送受け付けが可能なうえ、平常料金より最大10%引きの料金設定、配送中の「Yahoo!ゆうパック(小包)」の破損・紛失に対する実損額上限50万円補償を用意するなど、割安で利便性の高い宅配サービスとなっている。

 また、Yahoo! JAPANが運営するオークションサービス「Yahoo!オークション」と連動しており、オークション終了後の出品物の発送手続きがウェブ上で簡単に登録でき、ユーザーにとってより便利な機能として追加された。

 「Yahoo!ゆうパック」との連携は、ファミリーマートがコンビニエンスストア初の試み。

 若者男女の参加比率が高い「Yahoo!オークション」のユーザー層とファミリーマートの主要客層が合致することから、ユーザーの来店を促進し、顧客ニーズに応えていく考え。

 「Yahoo!ゆうパック」のシステム開発・運用と決済・物流のインフラについては伊藤忠商事(丹羽宇一郎社長)が提供し、ファミリーマートの店舗ネットワークを活用する。

 サービス開始当初は、東京都・山梨県・愛知県・三重県・岐阜県・静岡県(浜松市内ほか一部のエリア)の「Famiポート」導入済みのファミリーマート約1500店舗で提供し、3月末には約3200店舗、秋には約5800の全店舗で取り扱う予定。