リュウド(長澤久吉代表取締役)は、サイボウズ(高須賀宣CEO)のウェブグループウェア「サイボウズ Office 4」のスケジュールデータと携帯電話機内のスケジュールデータの連携を実現するソフトウェア「携帯スケジュールシンク for サイボウズ」の販売を4月22日から開始した。価格は、1ユーザーが6000円、10ユーザーが4万5000円、50ユーザーが20万円。

 このソフトをクライアントパソコンにインストールすることで、専用ケーブルで接続した携帯電話のスケジュール機能に「サイボウズ Office 4」のスケジュールデータをダウンロードすることができる。

 また、アラーム設定機能を利用することによって、外出先で携帯電話がスケジュールを知らせてくれる。専用ケーブルは充電機能を内蔵しており、充電器としての役目も果たすため、電池切れの心配がない。