マクロメディア(井上基社長)は、国内の一般企業、教育機関、政府機関などのユーザー向けに、スケーラブルなライセンシングソリューションの提供を目的とする「マクロメディアボリュームライセンスプログラム(MVLP)」を提供開始する。

 このプログラムは、ポイント制度を採用した、ソフトウェア大量購入時のディスカウントプログラム。購入数に応じてディスカウントレベルと価格を設定する。

 これによって、同社製品の購入およびバージョン管理などの手間とコストを大幅に削減することができる。

 具体的には、購入対象として選択する製品のライセンス数、製品のサブスクリプション、およびアップグレードのパッケージ内容に対応して、ポイントが割り当てられるようになっている。