アルプス社は、電子地図ソフト「プロアトラス」シリーズの最新バージョン「プロアトラスW」全7タイトルを6月7日に発売する。

 ラインアップは、DVD‐ROMの「全国DVD」、CD‐ROMの「首都圏」、「東海」、「近畿」各都市圏版、「東北 北海道」、「中国 四国 九州 沖縄」各地域版、日本全国を広域地図でカバーする「日本広域」。

 新製品は、「PDA用地図切り出し」や、「情報チャンネル」などの従来機能を継承しつつ、詳細地図データの拡充を図ったことが大きな特徴。日本全国すべてのタイトルに縮尺2.5万詳細図を収録したほか、縮尺1万都心図も日本全「市」中心部を追加している。

 また、詳細地図の拡充に対応し、地図をコントロールするユーザーインターフェイスも刷新。ツールバーや検索ウィンドウなど、操作性の向上を図っている。さらに「全国DVD」には、住所を番地号レベルまでピンポイントで検索・表示できる機能を搭載した。

 同社では、「今回の機能強化は、地図としての実用性を重視した。詳細地図の充実、操作性向上、ピンポイント検索を実現したことで、企業の住所録と連携した業務用途にも活用でき、個人だけでなく、法人向け販売にもつなげていきたい」(営業本部ジオ・ソリューション事業部・佐藤 等アシスタントマネージャー)と意欲を見せている。

 そのほかの機能強化点としては、ジェイフォンのステーション対応携帯電話用の位置情報を活用し、携帯電話番号を入力することで、その位置を知ることができる「J‐ポインター」サービスに新たに対応した。

 価格は、DVD‐ROM版が1万4800円、CD‐ROM版が6800円。