高い技術力で強み発揮

 住友金属システムソリューションズは、同社のセキュリティ製品ブランド「SMI Digital Security」のラインアップを強化、統合的なセキュリティ環境を提供する。「各製品の機能はわかりやすく、導入容易な製品構成」というコンセプトで、「専任のIT担当者がいない中小企業でも導入容易なセキュリティソリューションを提供する」(本勉・ソフトウェアプロダクト部部長)ことを掲げている。同社は2003年1月10日付でキヤノン販売の100%子会社となる。2月に社名の変更が行われる見通しにあるものの、事業、経営体制については当面は変更しない見通し。

 SMI Digital Securityブランドでは、すでに発売中のセキュリティ製品に加え、リモート復元可能消失データ復元ソフト「R-Studio データレスキュー」(12月6日発売、9800円)「同PRO」(12月6日発売、1万5800円)、ドライブ復旧ソフト「Return Drive」(12月20日発売、7800円)、ファイル完全抹消ソフト「O&O Safe Erase」(12月20日発売、9800円)、次世代ウイルス検知・駆除ソフト「NOD32」(03年2月発売予定、6800円)、パーソナルファイアウォール「Tiny Personal Firewall」(03年3月発売予定、7800円)を揃える。

「SMIブランドができて10年を越えた。最近ではセキュリティ製品に注力しており、新商品を加えることでさらに強化していく」(谷本善男・執行役員商品事業部長)。

 なかでもアンチウイルスソフトのNOD32は、イギリスで発行されている情報誌で、他社のアンチウイルスソフトが271から4個のウイルスしか検出できなかったのに対し、未検出ウイルスゼロと検出率が高く、スキャンに要した時間も大幅に短いと紹介された。

 同ソフトを開発したスロバキアのEset社のアントン・ザジャック副社長は、「新種のウイルスを検出する手法が非常に効果的。既知のウイルスだけでなく、未知のウイルス検出にも大きな力を発揮する。ウイルスのなかで最も恐ろしいものは、明日、もしくは明後日に発見される未知のもの。これに対処する手法をもつことが当社の特徴」だとしている。

 欧米でのNOD32の認知度は高く、「米国ではマイクロソフトが当社製品のユーザー。全製品が出荷前に当社ソフトによるウイルスチェックを実施している」(Eset社・ザジャック副社長)という。

 Eset社のテクノロジーは、ヒューリスティック手法による検索手法、長期的にアンチウイルスソリューションを提供し未知のウイルスでも検出を行う技術を長期的に保有し、ウイルスの有無のスキャニングのスピードが他社を大きく上回る点、システムリソースが少量といった特徴をもつ。

 開発責任者のリチャード・マルコ氏は、学生時代は常にオール5の成績を保っていた優等生で、同社に入社後はヒューリスティック手法のエンジン部分の開発に携わっている。

 「他社が億単位の資金で引き抜きたいという話をするほど、当社の技術者はレベルが高い。優秀な技術者を少数精鋭でもつことで当社の事業にプラスになっている」(Eset社・ザジャック副社長)という。