沖電気工業(篠塚勝正社長)とペイメントファースト(竹内敏尚社長)は、両社が提供するインターネットバンキング(IB)を対象とした収納代行サービス「e振決済サービス」を中小EC事業者に拡大して提供する。2003年度中に1000事業者へのサービス提供を目指す。

 「e振決済サービス」は、ペイメントファーストが代表加盟店となって、各金融機関とIB連動振込決済サービスを利用するための契約およびシステム接続を行うことで、EC事業者は、同社とサービス利用契約を結び、システム接続するだけでIB連動振込決済を導入できるサービス。

 今回、月額の固定料金を低く抑えた新料金プランを追加した。これによって中小EC事業者は、短期間・低コストで複数金融機関のIB連動振込決済を導入することが可能となる。